街に戻ってくると
城壁の周りに人だかりができていた
近寄ってみると城壁をぐるりと囲み衛兵達が城壁を壊している



喧騒の中、壁の中から声が聞こえる
「いつもご迷惑お掛けしてすみませーん。でも、できたら早く出してくださーい。」
驚いてぎょっとしていると
「あぁ確かウァロックとかいったかな?いつもの魔導師か・・・」
ィシウが説明してくれた。


何でもエンシェントマジックを研究しているらしいが
成功した事はないようで、いつも色々なところを破壊しているらしい。


今回は瞬間移動の魔法実験をしていたとのことだ
「ははは、いつもすみませんね、座標を数え間違えてしまって」


などと訳のわからないことを言い訳しているが、反省しているようには見えない。



後に聞いた話では、この一件がある方面で評価され
ウァロックを崇拝する人達が、いしのなかにいる!というユニオンを作ったとかなんとか・・・。


確かに古代遺跡の産物であるワープポータルを使わずに、テレポートを行ったのだから
凄いといえば凄いのだろう。


でも、この人物とは関わり合いにならない方が長生きできそうだ・・・


そんな事件も落ち着いてきたある日
クハラが宿にやって来た。俗にいうオイシイ話である


何でも、近くにカオカ・パラージという遺跡があり
ここはお宝がザクザクらしいのだ
クハラは戦士の帯を探しており、これを高値で買取るという


当然クハラも一緒に来るとの事、早速この話に飛びつくことにした。



カオカには数人の墓標が幾つかと虫が大量にいた。
全くいい加減にして欲しいものだ・・・


奥へ進むと龍の形をした像があり、光を放っている。
この先は仕掛けを解かなければ先へ進めないようだ


何処かにある水晶が必要らしいのだが、それらしき物は見当たらない。
別の道に歩みを進めると、食虫植物とその世話をしている男に出会った。



なんでも、食虫植物の餌用に羽虫の足が大量に必要らしい・・・
先日カサカサしたばかりだというのに・・・



今度は思い出したくない程ビクンビクンしていた。


件の足だが当然押し付け合いになる。
無理矢理誰かに渡し、巡って押し付けられを暫く繰り返していたが
足の付け根部分が直撃し、胸が虫の汁だらけになって大人しくなったィシウが
持ち運び係に強制任命された。
		

著作権表示 〜〜〜二次制作物に関して〜〜〜 管理人は著作権を放棄しておりません 一切の無断使用を禁止とさせて頂きます